奇妙な謝罪

Kさんという方(若い女性で、ツイッター・フェミニズム界では影響力のある人らしい)のツイートがデマ拡散の元になりました。後に撤回と謝罪をして頂きますが、それがまた奇妙だったのは、最初、私の元にダイレクトメールで「謝罪したいので店に伺いたい」とご本人以外の方からメッセージが届いたのです。
自称「仲介人」のHさん(中年男性)。ツイッターでは見覚えのあるアイコン(反原発関連)の方でした。狭くて慌ただしい店ですし、そんなことで時間も場所もとられたくない。ネット上で起きたことなのでネット上でおさめてもらえれば良かったのですが、どうしても直接お話がしたいと仰るので渋々お受けしました。
このHさんとのやりとりが私にはストレスでした。ご自分はあくまでも「仲介人」のつもりですが、どう見てもKさんの用心棒でした。謝罪したいと仰るわりには私に色々指示したり条件をつけたりするのです。
掻い摘んで言えば、今回のことでKさんを罵倒する人がいる。可愛そうなKさんを守ってくれと。そりゃお気の毒ですが、何で私が?ご自分の蒔いた種でしょう。実名を晒している私こそ、この方のお陰で散々誹謗中傷を受け、犯罪者扱いされ、店にも実害が生じているのです。まずKさんがデマを撤回し、火消しに努めて頂かないと。その援護ならしますとお答えしましたが、それをご本人もHさんも私がKさんを攻撃から守ると約束したと受け取られたようです。
そもそも謝罪に来ると仰りながら(お二人でいらっしゃいましたが)、そういう要求を突きつけること自体おかしい。何しにいらっしゃったんですか?と思わず伺いました。でも彼らはどうやら女性は女性であるというだけで被害者、男性は男性であるというだけで加害者、どんな場合でも男性は女性を守るべきもの(女性は守られるべきもの)という随分虫のいい……フェミニズムとは縁遠い信仰をお持ちのようです。
Hさんからはいくつか忠告も頂きましたが、どれも耳を疑うものばかりでした。「デマ」という言葉自体、反発を招いて炎上がなかなかおさまらない原因になるから使わないほうがいいとか。炎上は別に構わないんですよ、いくらしても。本質的な議論さえできれば。デマによるバッシングが困るだけで。それがおわかりになっていない。
あげくの果てに「あなたも謝った方がいい」とお説教までされる始末。「お騒がせしてすみません」くらいの社交辞令なら私も言いますが、店側の正式な謝罪が必要ということでしょう。なぜ?どっちもどっちということ?あなた何様?「社会とはそういうもの」とのことでした。レイプにあいそうになったアイドルが、被害者にも関わらず運営に謝らされた事件がありましたが、それを思わせます。
kさんからは「ここだけの話」も伺いました。その内容は口外しない約束なので、ここではツイッター・フェミニズムの同調圧力がいかに凄いかを実感したとだけ書いておきます。
Kさんのデマ撤回と謝罪により炎上は一旦おさまりかけましたが、ツイッターフェミニズムの方たちに炎上の種がまた仕掛けられ、Kさんもご自分のブログで「約束は守られなかった」と私を非難して、再び火に油が注がれたのです。(店長)

→店長のアホフェミ発言
←どこが失礼なのか