新宿夏まつり みずすまし編

11.8.27

毎年、8月のお盆の頃に新宿の中央公園で開かれるホームレスの夏まつり、昨年はいけなったが、今年は顔をだせた。
例年より、人が少ない。ホームレス自体は増えこそすれ、減っていないはずなのに。
世界中のホームレスの似顔絵を描いている画家のジェフ・リードさん(英国出身)と久しぶりの再会。
以前、もやい(自立生活サポートセンター)の稲葉剛さん(代表理事)の紹介で、ジェフさんの作品をベルクに飾ったことがある。今は福島にお住まい。福島の子どもたちを描いている。
今年の12月にまたベルクでの展示が決まった。ただ、私は英語が喋れないので、ジェフさんと1対1では話が通じない。スピーク・ジャパニーズ!ジェフさん!(友部正人さんがシンディー・ローパーに向かってそう歌った。ちなみに私は、ジェフさんのことをジェフ・リンと紹介して、ベルクのスタッフたちの目を白黒させた)。
ジェフさんのTシャツの背中にプリントされている福島県の地図を見ながら、ホームレスのおっちゃん(山田さん)が、地震のこと、福島のこと、放射能のことについて解説してくれた。
プルトニウムの半減期は24000年だねと言うと、「全部消えなきゃ意味ない。億年単位だよ。人類の歴史より長いよ」たしかに半減期って言葉は、くせものだ。「日本が大陸から分離したきっかけも大地震だった。その後少しづつ離れていったんだよ。またいつ大地震来るかは分からない」
まつりのハイライトの一つ、スイカ割りは中止だった。おっちゃんたちが「今年はスイカ高いからな」と話していた。でも、輪投げはいつも通りやった。命中すれば、焼きそばがもらえる。年々上達している人もいる。一人、3回まで投げられる。いっぺんに3個焼きそばを
ゲットした人もいた。美味しそうな焼きそばが着々と準備されている。
カレーの鍋を覗きに行ったら、調理のおっちゃんに「ほらっ」と割り箸で味見させてくれた。思ったより辛い。スパイスでちゃんと味を調整している。600人分のご飯を用意するって、見ているだけでも大変な作業だ。でもみんな、炊き出しのプロ。手際がいい。
夕食のカレーとビール。一人一人手渡しされていく。(実はけっこう熱い。出来立て!)プレゼントのよう。
 

 
(迫川)
 
 
 
映像 by 迫川尚子
音楽 by 井野朋也
 
ベルク通信 2011年8月号